logo
Home

移民 スマホ 映画

そもそも他の人種など結局は理解されないと思っている。 ならばムリにやる必要などないし、その方がよっぽど配慮していると思う。 どうせ白人主体のアメリカ、そのアメリカの映画産業なんだから白人ばっかりで良い。 というよりも、無理に配慮してくれなくても良い。 それに怒りも何もないのである。 アジア人が見たければ、アジア的要素のあるものが見たければ、アジア人の作った映画. 最近の移民にとって、問題は公立学校のレベルの低さぐらいのものである。 先進国の中では、アメリカ並みの経験をもつ国はオーストラリアとカナダだけである。日本は1920年代と30年代に挑戦から受け入れた以外は移民を受け入れていない。. 年の映画「ギャング・オブ・ニューヨーク」の原題は、GangsofNewYorkで、ギャングでなくギャングズである。タイトルからは暴力団抗争のように聞こえるが、アイルランド系移民と星条旗に忠誠を誓う者たちの抗争である。この2つに、ニューヨークのスラムに住む人々が分れて抗争していた1840. 1920年代のアメリカ・マサチューセッツ州で実際に起きた事件をモデルとした『死刑台のメロディ』(1971・ジュリアーノ・モンタルド監督)は、イタリア移民の二人が冤罪(えんざい)によって、いかに「有罪」とされ、死刑となっていったかが描かれる。 拳銃による強盗殺人事件で、二人のイタリア移民サッコ(リカルド・クッチョーラ)とヴァンゼッテイ(ジャン・マリア・ヴォロンテ)が容疑者とされる。目撃者は数人いて、誰もが犯人は二人だったと証言するのだ。 裁判で、弁護士はその目撃証言のあやふやさを指摘するが、検察官は初めから結論ありきで審議を進めようとする。裁判の最中、検察官の口からは差別的な発言、暴言が飛び出してくる。移民を「くだらん連中」と呼び、思想的立場を糾弾し(彼らは無政府主義者である)、移民はそうした犯罪に手を染めるのは当然だと論じる。 真犯人を知る者が現れ、弁護士は裁判のやり直しを求めるのだが、その申し出は却下されてしまう. 中東では、シリアもやはり、長期にわたりオスマン帝国の支配下にありました。 第一次世界大戦が終結し、オスマンの支配が弱まると、ダマスクスにアラブ政府を樹立したファイサル1世が、1919年のパリ講和会議に出席し、アラブ国家の承認を求めるも、受け入れられませんでした。 1920年にはアラブ・シリア国民会議に推されてシリア・アラブ王国の国王となったファイサル1世でしたが、侵攻してきたフランス軍により、ダマスクスから追い出されてしまいます。こうしてシリア・アラブ王国のうち、シリアはフランスの、ヨルダンとバレスチナはイギリスの委任統治領になってしまいます。 そしてフランスは、シリアの多数派であるスンナ派のムスリム勢力を抑えるため、シーア派やキリスト教徒の宗教対立を利用しました。この宗教的対立から生まれたのが数々の内戦です。この構造が現在まで続き、多数の難民を生み出し続けているわけです。すべてはフランスの所業に原因があったとすることも可能なのです。 実際、年、アラブ世界で民主化を求める「アラブの春」が起き、この機運がシリアにも飛び火します。これによりシリア各地で発生した反政府デモに、アサド政権が弾圧を加えたため、シリアは内戦状態になります。そこに、反体制派・ISの成立、ロシアの介入などもあり内戦は泥沼化。死者は30万人以上、全人口2240万人のうち500万人以上が難民となってしまったのでした。 また現在まで続くイラクの混乱は、むろんフセイン政権による統治が直接の原因ですが、さらに源流まで遡れば、1921年にイギリスがイラクと関係の深かったクウェートを分離し、ファイサル1世を国王としてイラク王国を建国させたことに行き着きます。 少し説明しましょう。 それ以前にイギリスは、ペルシア湾岸に進出することを容易にするため、1899年、オスマン帝国の支配下にあったクウェートを保護領にしました。第一次世界大戦でオスマン朝が敗北すると、クウェートとイラクは、ともにイギリスの植民地になります。 さきほど、フランス軍が、シリア・アラブ王国のファサイル1世をダマスクスから追い出したことに触れましたが、ファサイル1世はこのとき、イギリスに亡命し、その保護下にありました。 イギリスは、オスマン帝国衰退の中、中東での支配を強めますが、イギリスに対する反乱が相次ぎ、統治は困難な状況に陥ります。そ. · 移民でも本当にその国家に憧れて忠誠心あるじゃん人達ならまだ問題ない 日本の在日チャイナ、コリアは日本国民になる気も無く、日本に忠誠心すらない つまり在日コリア、チャイナは移民ですらない 移民 スマホ 映画 この度、藤元明緒監督最新作『海辺の彼女たち』(英題:AlongtheSea)が年春にポレポレ東中野他より劇場公開が決定。また、12月2日12月10日に開. 「移民 映画」に関するニュース・速報一覧。「移民 映画」の話題や最新情報を写真、画像、動画でまとめてお届けします。/10/27 - 移民問題・BLM運動・人々の分断など世界的社会問題を含んだエンターテインメント映画「YOKOHAMA RELIGHT」NYの老舗映画祭で上映! - 映画「YOKOHAMARELIGHT」の.

“イタリアのアカデミー賞受賞” “世界で最もリメイクされたおとなのコメディ映画”の日本版が始動 豪華俳優たちが「スマホの秘密をバラし合う」戦慄のゲームに参戦―. 日本人が監督した『リベリアの白い血』(・福永壮志監督)は、アフリカのリベリアからアメリカへと仕事を求めて移り住む若者を描く。 シスコ(ビショップ・ブレイ)はリベリアのゴム農園で働いて、家族を養っている。管理されたゴム農園での作業は単純労働であり、面白みにも欠けている。そして、低賃金であり、労働環境も良くはない。共に働く仲間と環境改善を申し立て、ストライキを敢行するが、結局は何も変わらなかった。 いとこからアメリカでは高賃金の仕事にありつけると聞き、シスコは意を決してニューヨークへと渡る。ニューヨークではリベリアからやって来た者たちのコミューンが形成されていて、彼らの手を借りながらタクシーの運転手を始めるのだった。ニューヨークで成功したリベリア人、かつて軍隊で同僚だった男と、さまざまな人間と出会いながら、毎日毎日を淡々と過ごしていく. .

「移民」「外国人」と聞くと、「自分とは無縁」と思う人も多いかもしれない。でも19日公開の英・仏映画『パディントン2』(原題: Paddington 2)(年)でクマのパディントンと暮らすブラウン家のお父さん役ヒュー・ボネヴィ. . 人間と同等の能力のaiが年には、作成できるそうです。 そこから急激にaiの発達が促進されるため、あと20年しないうちに、世界は劇的に変化すると思われます。. © A24 多神教を信仰する辺境の村を舞台にした『ミッドサマー』。 アメリカ人学生ダニーと人類学専攻のボーイフレンド・クリスチャンは、スウェーデン人留学生・ペレに誘われ、彼の故郷で90年に1度開催される夏至祭(ミッドソマー)を訪れます。 監督・脚本のアリ・アスターは、冷めた関係を続けたカップルの悲惨な別離とカルト的儀式を融合させた物語を創出。 『ヘレディタリー/継承』を軽々と凌駕する狂気に満ちた夏祭りと覚悟してご覧ください。 日本では『ミッドサマー』の邦題として、年2月公開予定です。.

リスペクトのない取っつけの人種表現は不快である。 妙に主張してくる人種の多様性や、多人種間交流. 先日の難民映画祭&39;hope&39;、上映のあとにトークをさせていただいたが、きょうは少しその補足を。【お礼】難民映画祭『hope』上映&トークにお越しいただきましたみなさま、ありがとうございましたアフリカ人の知人からシェアを受けたアカウントに、アフリカから欧州に押し寄せる移民問題を. See full list on cinematoday.

映画の背景を最初知らなかったので、中東のどの国か分からなかった。けれど女性がブルカなどのイスラムの厳格な装いをしていなかったこと、多くの移民が暮らしている下層の街であることが窺い知れ、レバノンではと感じた。的中したが、それを自慢したいわけではない。シリアからの難民. 。 入国管理局の調査員が部屋を訪問し、結婚に至るまで、そして結婚して以降の仕事や生活ぶりを事細かに質問する。その二人の話の食い違いや、そのことを取り繕っていくさまがコメディー調で描かれていく。 アメリカとフランスとの国柄の違いはそれほどクローズアップされないが、それでも外国人が他国で仕事をするには相応の苦労を伴うことがわかる。 恋愛という「関係」でなくとも、違う国で生まれ育った者が相互に理解し合うことは、なかなかに難しい。「働く」ということにおいてもそれは同様で、日本でも、さまざまなヘイトスピーチが横行するように、まず自分たちと外国人との「差異」が目につき、次に苛立ちや焦り、時に妬みや嫉みといった負の感情に支配されたりすることもある。. 映画における多人種表現は今に始まったことではないが、近年の映画は非常に人種に配慮した作りになってきているのは否めない。 元々、設定上で多人種表現が必要な映画は問題ないのだが、無理やり出しました感が出ているのも観ていて多く感じる。 移民 スマホ 映画 要は露骨すぎるのだ。 映画産業は様々な資本.

。 主体がアメリカである為しょうがないと思う部分も多い一方で、業界的には白人押しなのに多人種をやたら唱えるスタンスにも違和感が湧いてしまう。 かといって今更になって無理に多人種部門作れとも思わない。. 帝国主義時代、イギリスを筆頭に、フランス、ドイツ、スペイン、ポルトガル、オランダなどのヨーロッパ諸国が世界中に植民地を持っていました そうした状況下でグローバル化が進展し、本国と植民地との関係が政治的にも経済的にも緊密になると、必然的に双方向で人々の移動は激しくなります。植民地を支配するために、本国から植民地へと人々が移動しただけではなく、本国は安価な労働力を獲得するために、被植民地人を使用したからです。 それが大規模に起こったのが世界最大の植民地帝国であったイギリスです。イギリスには、植民地から多数の人々が押し寄せました。現在イギリスにさまざまな人種の人たちが暮らしているのはそのためです。むろんイギリスよりも規模は小さいですが、同様のことは他のヨーロッパ諸国にも当てはまります。 ヨーロッパが築き上げてきたシステムとは、必然的に多くの移民を外から受け入れるシステムだったのです。 現在、ヨーロッパ諸国で構成されるEUは、経済的には単一市場を特徴とします。加盟国間を通常はパスポートがなくともスムースに移動することができるのですが、それはまた、ヨーロッパ内における難民の移動も容易にするという問題点をもたらすことになりました。 ドイツへの大量の移民流入は、EU最大の経済大国であることも理由の一つですが、(西)ドイツ政府がトルコからの「ガストアルバイター」と呼ばれる低賃金労働者を利用してきたことも大きな理由です(ただし、現実にはトルコからくるクルド人も多かったはずです)。すでにガストアルバイターを大量に受けている以上、ヨーロッパ外からの難民を拒否することは困難です。 オーストリアの難民の多さは、この国がかつてのハプスブルク帝国の中核に位置し、オスマン帝国に隣接していたことを思えば、決して不思議ではありません。 また、スウェーデンへの難民の多さは、EUの市場統合がどれほど進んでいるのかを証明します。 EU加盟国になった以上、スウェーデンに難民が流入するのも当然のことです。単一市場は人々の流動性を著しく高めた。そのため、以前は難民とはあまり関係がなかったスウェーデンにまで、ヨーロッパ外からの移民が住むようになったのです。 このように見てくれば、ヨーロッパの難民問題は、その国の歴史・文化の根底に深く関わる問題だということがわかりでしょう。現在のヨーロッパ諸国は、帝国主義時代と. See full list on moshi-nara. 我々アジア人は有色人種である。 その有色人種としては、そういった配慮が気を使われているようでむしろ気持ち悪く感じるし、保身のために使われる多人種表現こそがむしろ差別的に感じる。 アメリカに暮らし、差別を肌で感じている層にはまた違った視点なのかもしれないが、少なくとも白人圏から離れ、アジア地域で暮らす我々日本人としては、ムリに意識しすぎて逆に不愉快としか思えない。 むしろ、白人の作る映画なら別に白人ばっかりで良いとすら思っているし、ヒスパニックしか出てこない、黒人しか出てこない.

「移民」政策でアメリカは日本の先輩格である。当然、いざこざも数多く経験している。29年前の作品『グリーン・カード』(1990・ピーター・ウィアー監督)は、ラブストーリーの衣をまとってはいるが、アメリカにおける永住権(グリーンカード)がテーマとなっている。 フランスから来たジョージ(ジェラール・ドパルデュー)は長期滞在のために永住権を取ろうとしていた(ジョージはウエイターとして働いているが. 。 ここでは、リベリアでのゴム農園、そしてニューヨークでのタクシードライバーとしての仕事と、労働そのものが丹念に描かれる。いずれも彼にとっては「報酬を得るための手段」であり、時間の切り売りではある。しかし、「仕事」とはそこにプラスされるべき「何か」があるはずなのだ。 日本で働く外国人にも、そうした姿勢を垣間見ることがある。以前、ある韓国料理店の女性が、車椅子で訪れた若い日本人客に懇切丁寧な対応をするのを見かけた。気持ちいいほどの見事な接遇であった。仕事もまたコミュニケーションの一つであり、自国だろうと海外だろうと、コミュニケーションが生活の基本であることに変わりはないということなのだろう。. 日本映画『月はどっちに出ている』(1993・崔洋一監督)は、スナックで働くフィリピン女性(ルビー・モレノ)とタクシー運転手(岸谷五朗)との恋愛ドラマであるが、このタクシー運転手が在日コリアン(二世)であることから話は複雑化してくる。 共に「外国人」ではあるが、背負っているものが大きく異なっている。片や、フィリピンに家族がいて、仕送りをしなくてはならない女性。片や、かつて親の世代が日本に渡り、それなりの地歩を築き(母親がスナックを経営している)、それなりの暮らしを営んでいる男性。 この二人の間に、たとえばタクシー会社の従業員のような「日本人」を入れることで、外国人労働者の立場がより鮮明になってくる。つまり、彼女らが風俗店や単純労働の現場で仕事をしなくてはならないことは事実なのだが、そこには同じような境遇の日本人たちも大勢いるということだ。 似たような暮らしをしているものの、文化そのものはまったく違っている。同じ職場であっても、思いがうまく伝わらないもどかしさがあるのだ。 イギリス映画『やさしくキスをして』(・ケン・ローチ監督)でも、イスラム系移民の男性とアイルランド人の女性との恋愛が描かれる。 ロシーン(エヴァ・バーシッスル)はスコットランドのグラスゴーにある高校の音楽教師。その高校は厳格なカトリック系の学校で、地域の教会の司祭が人事権を持っている。 この女性教師が、女子生徒タハラ(シャバナ・バクーシ)の兄カシム(アッタ・ヤクブ)と出会う。カシム兄妹はパキスタンからの移民二世で、こちらもまた敬虔(けいけん)なイスラム教徒。そして、カシムには同胞の許婚(いいなずけ)がいる。 ロシーンとカシムは恋に落ち、共にスペイン旅行に出かけたりもするのだが、互いの宗教的立場から交際を阻む力が働いていく。ロシーンは司祭からイスラム教徒との付き合いをやめなければ教師は続けさせられないと告げられるし、カシムの方も許婚との結婚話が勝手に進められていく。そして、二人に別れがやってくる. See full list on news. ロッコから先何をしても移民が出ないのですが--まみ:57:49: 2: 第五段階以降の色々な街づくりはできないんですか?--まこ:57:40: 1: スマホ版であれば、天空城到達時点で、 移民の町は第五段階まで成長可能ですよ。. レオン(1994)の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「グラン・ブルー」のリュック・ベッソン監督の. © A24 古代ゲルマン人が使っていたルーン文字を始め、様々なシンボルが登場する『ミッドサマー』。 初老のカップルが投身自殺をする直前、村の若い女性が岩に刻まれたルーン文字に自分の血をなすりつける場面があります。 読み取れた2文字をご紹介。Rは旅を意味し“ラド”と発音され、“ディール”と読む↑は軍神を表します。 そして、劇中に、1才から16才は春、17才から32才は夏、33才から52才は秋、53才から72才は冬、と考える村の伝統をペレがダニーに説明しています。 移民 スマホ 映画 日本でも高齢者を口減らしの為に家長が山に捨てる姥捨てが行われたと言う民話が残っていますが、本作の夏至祭では、ある年齢に達した人の自殺が祭典開始直後に起こります。 © A24 ホラー映画を観に来た観客はゲルマン人が使った文字に予備知識など無く、延々と続く常軌を逸した光景に飲み込まれ、更に、儀式の全行程が昼間に行われる為、眩し過ぎるくらいの明るさと繰り広げられるカオスに差があり過ぎて混乱を来たします。 また、劇中を通し、儀式のシンボルについての説明は皆無。監督・脚本を務めたアリ・アスターが「観客は混乱すると思う」と述べている通り、美しい花々と笑顔の村民による殺戮は、正に昼間の悪夢を見ているようなのです。 1つだけ分かるのは、精神的にもともと不安定で人に依存し過ぎるダニーとクリスチャンの関係が冷え切っている点。 移民 スマホ 映画 しかし、妹の無理心中で家族を失ったダニーに同情したクリスチャンは、別れを口にできません。 一方、自分の誕生日をクリスチャンが忘れていると知っているダニーは、愛されていないことを知っていながらも、クリスチャンに頼りっきりです。 アスターは、ダニーに自分をなぞらえているとインタビューで語っており、実生活で恋人と別れた経験を脚本に書き、映画の中でダニーによって復讐をしています。 冒頭に起きるダニーの家族の悲劇を描写した連続シーンは非常に暗く、この先はもっと悪いことが起きると暗示。 ダニーの部屋にある壁の絵も儀式の内容を示唆。スウェーデンの村へ行く外国人学生に危険が迫ることを観客が予想できるよう、アスターは構成しています。 人は真反対のものを同時に見続けると混乱し不快な気分に陥りますが、人間はそれでも知りたいと思う動物だと先刻承知のアスターが仕掛けた術中にはまってしまうのです。. 。 原作が浅田次郎だけに、ストーリー展開はあざといものの、ついつい泣かされてしまう。そして、中国から働きに来た女性が風俗店で働くしかないというあたりが、時代を象徴しているだろう。1980年代から「ジャパゆきさん」という言葉が流行し、とくに東南アジアから働きに来る女性たちをそう称していた。 性風俗に限らない。私も、かつて山形県の寒村に集団でフィリピンから嫁いできた女性たちの話を聞いて回ったことがある。彼女らは、もちろん自国での生活苦があり、村の側は嫁不足のため中高年の独身男性が増えているという問題を抱えていた。 そうした結婚の動機はどうであれ、子どもも生まれ、舅(しゅうと)や姑とも仲良くなり、幸せな家庭を築いている者も多かった。笑顔の写真を何枚も撮らせてもらったのを覚えている。 しかし、数年後、数人の花嫁たちがこの村から逃げ出したという話を聞いた。生活習慣や風習に、どうしても埋められない溝のようなものがあったのだという。そのことに、役所の職員などはまったく気づかなかったそうである。.

レ・ミゼラブルの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。ビクトル・ユゴーの小説「レ・ミゼラブル」で知られ、現在は犯罪. でも問題ないと思っている。 ムリに気を使われるよりよっぽど非差別的ではないだろうか。 特に、最近公開された某SF映画では、アジア人俳優を全面に扱った物語展開が多かったが、多くのレビューや感想で、このアジア人を無理やり出した感に違和感を唱えている人も多い。 これに関しては私も同意見である。 確かにちょっと. See full list on cinemarche.

。 1世紀前の冤罪事件ではあるが、こうした移民への視線は今も大差ないだろう。確かに、人権意識は浸透しているが、「よそ者」への差別意識は根強く残っている。 これは、日本でも取り上げられる「地域エゴ」の表出を見ていると明らかだ。誰もが自身の周り「だけ」は安泰であってほしいと願う。世の中に必要なものであっても、できるだけ遠ざけておきたいのだ。 外国人を、単なる「労働力」としてだけ受け入れようとするなら、必ずどこかに歪みが出てくるだろう。そのことを知ったうえで、私たちは「共に働き、共に生きる」術を学ばなくてはならない。 入国管理局公式サイト:入管法及び法務省設置法改正について 法務省公式サイト:新たな外国人材受入れ(在留資格「特定技能」の創設等) 山村基毅(やまむらもとき):1960年、北海道出身。ルポライター。インタビューを基軸としたルポルタージュを発表。著書に『ルポ介護独身』(新潮新書)、『戦争拒否』(晶文社)、『民謡酒場という青春』(ヤマハミュージックメディア)とさまざまなテーマにチャレンジしている。映画が好きで、かつて月刊誌にて映画評を連載したことも。. © A24 【日本公開】 年2月(アメリカ映画) 【原題】 Midsommar 【監督】 アリ・アスター 【キャスト】 フローレンス・ピュー、ジャック・レイナ―、ウィル・ポールター、ウィリアム・ジャクソン・ハーパー、ヴィルヘルム・プロングレン 【作品概要】 本作を制作した理由を訊かれたアリ・アスターは、恋人と別れたことだったと答えています。 スウェーデン、ドイツ、イギリスの夏至祭を自ら調べて題材にしました。映画ツウや批評家が絶賛する中、一般の観客の間ではディベートが起きた衝撃作。原題の『Midsommar』は、スウェーデン語で6月の祝日に当たる夏至祭。. 「移民問題」は、現在のヨーロッパが抱える最大の問題の一つです。その起源は、ヨーロッパが進めた「帝国主義」にあります。帝国主義の負の遺産が、ヨーロッパのみならず、世界全体を苦しめているのです。 ヨーロッパへの難民数は、年が20万人強、年が100万人強、年が40万人弱、年が20万人弱となっており、この数字を見ただけでも、かなりの難民がヨーロッパに流入していることがわかります。 難民は、陸路と海路でヨーロッパに到達しています。たとえば陸路では、トルコを経由するルートがありますし、カイロではアフリカから多くの難民がヨーロッパを目指しています。 ヨーロッパでの受け入れ先としては、ドイツが最大で、次いでハンガリー、フランス、イタリア、スウェーデンが名を連ねます。難民の出身国としては、シリア、コソボ、アフガニスタン、アルバニア、イラク、エリトリア(東アフリカ)、セルビア、パキスタンと続いています。 これらの難民の出現が、かつての帝国主義とどう結びついているのか。まずは、コソボ、アルバニア、セルビアなどの移民について見てみましょう。. ユーゴスラビア解体によって次々と国家が独立する中で、セルビア内のコソボ地区の自治要求運動も強まっていきました。 コソボの人口は、現在約180万人と言われます。そのうちセルビア人は13%程度で、アルバニア人が大多数を占めています。ところが、コソボ地区はセルビア王国発祥の地という大事な土地でもあります。そのセルビア王国は、オスマン帝国に滅ぼされ、イスラム教徒であるアルバニア人が多数住むようになったという経緯がありました。セルビア人とアルバニア人にはこのような対立構造がありました。 アルバニア人を優遇したチトーが亡くなると、コソボのアルバニア人から不満が噴出します。1981年、コソボでの大規模な暴動が発生します。 コソボ問題は、セルビアのミロシェヴィッチ大統領が、1998年にセルビア治安部隊を派遣し、コソボ解放軍を撃破しようとしたことで再び表面化します。 紛争終結後、コソボは国際連合の監督下に置かれたが、その地位は年まで未確定のまま続きました。ところが年、セルビアがヨーロッパ連合への加盟を申請した際、コソボとの関係改善が条件だったため、セルビアはコソボと関係改善に向けた合意をします。 ところがセルビアの憲法では、コソボはいまだセルビアの一地方であり、独立した存在として規定していませんでした。現在では、コソボの独立を承認する国のほうが多いのですが、承認しない国も少なくなく、それが大きな問題を残しています。 また、アルバニア系住民がセルビア人を襲撃する事件も相変わらず頻発しています。アルバニアは半数以上がムスリムと言われており、その点で他の旧ユーゴスラビアに属する国々とは大きく異なります。またアドリア海に面しており、海上ルートで簡単にイタリアに渡れます。アルバニア難民が多いのは、そのためです。 ただ彼らが到着しても、イタリア政府は彼らを入国させませんでした。これも国際的に、大きな問題になりました。.

この『グリーン・カード』の日本版ともいえるのが、『ラブ・レター』(1998・森崎東監督)だ。ただ、こちらの「偽装結婚」は完全にペーパーマリッジである。 裏ビデオ店の店長を任されているチンピラ、吾郎(中井貴一)は、社長(根津甚八)から中国人女性・白蘭との偽装結婚を持ちかけられる。彼女は風俗店で働き、国に金を送金しようとしており、そのためには長期間の滞在が必要だったのだ。 吾郎は80万円という謝礼に惹かれ、偽装結婚を引き受ける。白蘭と会ったのは、入国審査の際の一度だけ。審査は難なくクリアし、それ以降、吾郎は白蘭のことなど忘れてしまっていた。ところが、ある日、地方で働いていた白蘭が病死したという知らせが入る。形だけであるが「夫」の自分が遺体を引き取りに行かねばならない。 海辺の町に赴き、遺体を荼毘(だび)に付して遺骨として持ち帰ろうとする。 荷物を取りに、寮とは名ばかりのタコ部屋のような部屋に寄った時、白蘭がつたない日本語でつづった、吾郎に宛てた手紙が見つかる。故郷のこと、毎日の暮らしのことなどが書かれている。それは一度しか会ったことのない吾郎へのラブ・レターでもあった.



Phone:(878) 939-3365 x 4425

Email: info@qdgy.rubuntu.ru